どの仕上げ方が、お好みですか?

いつの頃からか存じませんが、私の生まれる遥か前から、革の王様と言えばワニの革。

そのワニ革の中でも、頂点に君臨しているのがクロコダイル

同じ物が二つと無い、天然の斑模様に、時代を問わず魅了され続けて来ました。

 

バッグ、財布、ベルト、靴、時計ベルト。憧れますよね~

いつかはクロコダイル

そのクロコダイルは、肚(はら)ワニと言って、ほとんどがお腹の革を使います。

 

同じ革でも、仕上げ方によって、表情が大きく変わります。

 

グレージング仕上げ

メノウの石で磨いて、ピカピカに艶を出します。自分の顔が写るほど光ります。

なお且つ、ボンベ加工を施して、表面の凹凸を強調します。

斑の1個1個がふっくらしている様が、写真でお分かり頂けますでしょうか。

華やかさを最も演出しているのは、この仕上げ方です。

クロコ グレージング

 

ハイブリッド仕上げ

革本来の持つ自然な光沢を、最大限に活かした仕上げ方です。

素朴な光沢なのですが、それが余計に高級感を感じます。

グレージング仕上げと違って、非常に柔らかく手になじみ、取り扱いが容易です。

クロコ ハイブリッド

 

マット仕上げ

全く艶を消した仕上げ方です。シックな趣が人気です。

渋いとでも表現しましょうか。

クロコダイルなら絶対にマット仕上げ。と、ご指摘のお客様がおられます。

目立たずに、良い物を… 真のお洒落ですね。

クロコ革 マット艶消し

同じクロコダイルでも、最後の仕上げで、全く表情が違います。

どれが良いかは、人それぞれです。

ご自分のお好みで選んで下さいませ。

ストーリーは金沢発

 

2 Comments »

  1. 私もマット仕様の黒のUチップ持っておりますが他のクロコ3足が光沢仕様、リザードのローファーも光沢仕様ですから何か物足りない気もしますが・・・・・・・・・・・

    Comment by 浦野亮祐 — 2013/11/21 @ 19:41

  2. マット仕上げは最近人気でございます。
    グレージング仕上げのモノよりも、柔らかくてお取り扱いが楽です。

    せっかくクロコダイルの靴をお持ちでしたら、お財布もお持ちになる事をお勧め致します。
    時期的にも、今お求めになって、新年からお使いになると、一番縁起が良いですよ。
    ご注文をお待ち致しております。

    Comment by HAO — 2013/11/21 @ 23:16

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment