お財布の話の続き

私の職業とか投稿を見て、情報の差し入れをしてくれる友人がいます。
どこから見つけて来るのか?
有難いと言えば有難い。

皆様は「弦本將裕」さんを知っていますか?

個性心理學研究所所長
株式会社アットマーク・ノア代表取締役
株式会社キャラナビ・ドット・コム代表取締役
一般社団法人個性心理學研究所総本部 理事長
一般社団法人学習院桜友会社員

ざっと、こんなにも肩書きがある人なんです。
その上、32冊もの著書があります。
この方が財布について詳しく研究されているんですね。
私、このことを今まで知りませんでした。
友人からもらった情報の、ほんの一部を書きます。

〇成功者で、ボロボロの財布を使っている人には、会った事がありません。
〇黄色い財布→お金が無い人が、みんな持っています。
〇昔から「春買う財布は、張る財布」といって、縁起物なのです。
〇財布は、最初に入れた金額を記憶します。だから、最初に3千円しか入れなかった財布は、それ以上のお金は入って来ません。
〇財布の色は、自分の好きな色にして下さい。毎日必ず見るものですから。
赤い財布は「赤字」を連想させるから良くないと思っている人がいますが、そうでもありません。

読んでいると納得のいく内容ばかりです。
お金にまつわる事件が後を断ちません。
「金の切れ目が、縁の切れ目✂︎」とも言われ、友情も恋愛もモロいものです。
財布はお金に入ってもらう場所です、真剣に選ぶ必要があるのではないでしょうか。

写真の商品の詳細→https://is.gd/cfuzrq

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment